和紙の一筆箋(黒谷和紙)色染楮紙 <鼠色>ねずみいろ

京都府、黒谷和紙を漉く林さんの色染楮紙で作った一筆箋です。
江戸時代、四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねず)という言葉があったように庶民の間でわずかな色の違いの茶色、鼠色が大流行しました。
身近な植物を染料に優しく微妙な色合いの鼠色は昔も今も好まれる色です。

¥ 432

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料無料

    普通郵便にて配送いたします。

    全国一律 0円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価